& 

Q 社会保険労務士に業務を委託するメリットは何があるの?

A まず、知っておいて頂きたいのが社会保険労務士の専門分野である法律は
  
 労働基準法・労働安全衛生法・育児介護休業法・労災保険法・雇用保険法・
 労働保険料徴収法・健康保険法・厚生年金保険法・国民年金法等

 会社で人を雇用していれば必ず関わることになる法律がほとんどです。
 これらの法律及び頻繁にある法改正を正しく理解する為に、日々忙しく飛び回って
 おられる経営者の方が多大な時間を割くのは、お勧めできません。
 また、中小企業でこれらの法律に精通した人を雇い入れるというのも人材の確保の
 問題、人件費の問題等で難しいものがあります。
 とはいえ、知らなかったでは済まされないのが法律ですし、また、知らなかったが故に
 本来もらえるものをもらっていなかったりということも多々あります。
 この問題を解決するには、専門家である社会保険労務士にアウトソーシングしてしまうことです。
 月々の固定費も人を雇い入れることを考えれば、数分の一で済みますし、経営者の方は
 本業に専念することができます。その他にも社労士に委託するメリットとして、常に変化する
 助成金について適合する場合は社労士の方から提案を受けられる、労働分野に関して
 コンプライアンス(法令遵守)体質を構築することができ優秀な人材の流出を防げる等
 その他にもメリットは様々あります。
 
 



   トップページに戻る